医療事務の資格を取り、就職を有利にしましょう。

2009年08月05日

医療事務

医療事務の仕事とは、どのような仕事があるのでしょうか。


医療事務とは、
医師と看護師をサポートする医療現場において大切な仕事です。


医療事務の主な仕事は、
レセプト(診療報酬明細書)の作成と受付業務などがあげられます。


医療現場において、医療事務の業務内容は、下記のようなことがあげられます。


1. 受付業務

患者さんを迎えるための医療現場の窓口として大切な仕事です。
受付業務としては、
保険証、診察券の受け渡し、案内やカルテの準備をするなどの仕事になります。


2、オペレータ業務

受付や診察が終了した患者さんの情報を、
カルテや処方箋からコンピュータに入力して情報管理をします。


3.会計業務

会計時において、診療費の中の患者さんの自己負担分を徴収します。
医療現場の経理の大切な仕事です。


4.診療報酬請求業務

保険診療における、
国や健康保険組合に提出する請求書(レセプト)の作成をして、
請求までを行います。


5、病棟クラーク

各病棟につき、それぞれの入院患者の診察の内容のコンピュータ入力や、
入退院時の手続きなどを専門にする仕事です。
各病棟の看護師の事務作業の補助なども行います。



医療機関において医療事務ができる人は、必須ですから、
医療事務の資格を持っている人は、医療機関において引く手あまたです。

医療事務の技術を身につけると、
医療現場での仕事につくことが可能です。


医療事務の仕事を望む人は、、
受付業務に必要なコミュニケーション能力とともに、
患者さんの個人情報漏えいへの細心の注意を払う必要があります。



posted by 医療事務ナビゲーター at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。