医療事務の資格を取り、就職を有利にしましょう。

2009年08月06日

医療事務 志望動機

医療事務就職活動をする場合、
履歴書や面接での医療事務への志望動機の内容を
どのようにしたら、好感が持たれ、就職しやすいのでしょうか。


医療事務の場合医療機関への就職ということで一般の事務職とは違って、
事務として病院の医師・看護士のサポートをしていきたい
といった内容を中心に志望動機を作成しましょう。


特に
なぜその医療機関で働きたいかを明確にするとかなり高印象になります。


たとえば、
自分や家族がこの病院で治療を受けてスタッフに親切にしてもらったのでとか
実体験に基づいた志望動機にすると、
面接官の印象もかなりよくなります。



また、医療事務の資格がある場合、
なぜ医療事務の資格を取ろうと思ったかということも
志望動機にいれるといいでしょう。



面接の時は、
医療機関への仕事を選んだ理由として、
自分が病院で親切にされて、安心して治療に臨めた体験から、
自分も患者さんが安心して治療をうけられるように、
医療事務という職種で病院のサポートをしたいということ、


事務職でも、医療に関する知識を身に付け、
患者さんからの質問に適切にこたえられるようにしたい など、


医療機関での仕事に対する熱意を伝えられると
より好感度が高まるでしょう。



posted by 医療事務ナビゲーター at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療事務 志望動機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。